• HOME
  • 新たな住宅セーフティネット制度
  • ご入居までのサポート 新生活安心サポート
  • シェアホームY'sシリーズ リカバリーホーム福多か
  • 運営団体
MENU
お住まいへの入居が容易ではない方(住宅確保要配慮者)の居住支援 その後の生活支援は私たちにお任せください
受付時間:平日9時〜18時 092-522-2901

福岡県指定 居住支援法人
NPO法人セーフティネットNeeds Me

インターネットから24時間受付中! お問い合わせはこちら

ご安心ください。私たちは福岡県指定の居住支援法人です。

居住支援法人とは

住宅確保要配慮者居住支援法人とは、住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障がい者、子供を養育する者、その他住宅の確保に特に配慮を要する者)の民間賃貸住宅への円滑な入居の促進を図るため、住宅確保要配慮者に対し家賃債務保証の提供、賃貸住宅への入居に係る住宅情報の提供・相談、見守りなどの生活支援等を実施する法人として都道府県が指定する法人です。

(住宅セーフティネット法第40条より)

福岡県の居住支援法人に関するページはこちらから

【図】居住支援法人の支援スキーム

私たちの”支援”と”住宅セーフティネット制度”

私たちの支援内容は、あんしん・あんぜんの『住環境』を『新たな住宅セーフティネット制度』に基づき提供し、入居後も支援することです。運営団体である特定非営利活動法人セーフティネットNeeds meは、「博多の介護はやぐらもん」でお馴染みの「社会事業やぐらもんグループ」に属するNPO法人です。また、グループ創始者である法人の初代理事長は、福岡県救護施設協議会会長や福岡県ホームレス自立支援推進協議会協議員などを歴任し(至 平成17年)厚生事業の一翼を担ってきましたので、まずはご安心してお気軽に相談ください。


新たな住宅
セーフティ
ネット制度について

住宅を確保することが困難な人たちを支援するための制度です。民間賃貸住宅への円滑な入居を支援しています。

詳しくはこちら


ご入居までのサポート
新生活安心サポート

お住まい探しのご相談から契約・入居までの支援と入居後の新生活の相談や生活支援について紹介いたします。

詳しくはこちら


シェアホーム
Y'sシリーズ 
リカバリーホーム
福多か(ふくおおか)

約束を共有し、友情を深め、喜びを分かち合える住まい。

詳しくはこちら


運営団体について

福岡を中心に社会事業等に取り組む、特定非営利活動法人セーフティネットNeeds meについてご紹介します。

詳しくはこちら

支援・セーフティネット制度 対象の方 住まいに入居したいが、経済状況や身体状況など何らかの理由で賃貸住宅への入居(契約)が難しい方 ・低額所得の方 ・被災して3年以内の方 ・高齢の方 ・障がいを持っている方 ・子育て世帯 ・その他、法令で省令で定める者(外国人など)


福岡県居住支援

福岡市居住支援

社会福祉法人 福岡市社会福祉協議会

セーフティネット住宅
情報提供システム

福岡県宅建協会の不動産情報ネット
ふれんず

国土交通省
ページ上部へ